2024年7月18日 (木)

アルカディアクリア

黄金最初のノーマルレイド、アルカディアをクリアしてきましたー!


個人的にはあまり、闘技場という設定にあまり興味はないのですが、それを抜きにしてもかっこいい闘士ばかりで、センスがいいなと。
特に最初のヤーナさんの、髪の、正反対のピンクと青の色遣いが綺麗で。同じ闘士の姉も青いメッシュ入りだったから、ショーを盛り上げるためにそうしているのかな。姉妹で同じ色のメッシュっていいね。


シナリオ的には、いつものFF14というところ。
序章のわりに、最初からある程度の情報を対戦相手から聞き取れてしまいましたが、ということは、このあともまだ、衝撃的な事実が待っているのだろうか。
最初見た時の素の闘士たちは、ふむふむという感じだったけれど、いざショーが始まってみると、かっこいい姿に変身したなーと。
いつものごとく、未予習初見で突撃PTだったのですが、「なぜ、服まで変わるんだ」と残念がっておりました。残念?


一層は半壊しつつもクリア。
二層は一回全滅。
三層は普通にクリア。
四層は三回ほど全滅、したかなあ?
ギミックは理解してしまえば、どれもわかりやすいというのか、判断要素はあるものの、回答が分からないというギミックはない感じ。
いかにもノーマルにふさわしい。
二層の、遊園地ナイスヘッドはちょっといただけないけど!いただけないけど、遊園地よりは避けやすいからまだましかもしれない。いやでも、足元AOEもくるんだものなー。きい。


二層は、観客がギャグアニメになってて笑った。
三層は男性相手だから、ブーイング。ギミック自体は、二層より好き。でもボムにあたりまくるんだけれども!? 深く避けすぎなんだろうなあ。
四層は摩天楼の背景がめっちゃ綺麗、かっこいい。


終わったあとは、ロット狙いで二層と三層を周回。
すでに譜面目的の方々がいるらしく、二層に至っては自分以外誰も戦利品をロットしていなかったです。わあ。らっきー?
譜面は、三層で一回だけドロップを見ましたが、こういう時に限ってロットが24なのよね。すん。
逆に、四層のミニオンのロットが86出て、もらってこれました。
ブラックキトン、かわいい。ぜひとも、お姉さんとセットでミニオンが出てほしいな。



戦利品は胴狙いで4つ揃えましたが、タンクにしようかヒラにしようか迷っているところ。どうしようかなあ。

2024年7月17日 (水)

モロコシ様クエをクリアした

PLLで発表されていたミニオンがもらえる、モロコシ様の連続サブクエをクリアしてきました。


あれですね。
とうもろこしは、日本だと、ゆでたり焼いたり、あとはコーンスープくらいだけれど、海外だとトウモロコシを粉にして、粥状にしたり、タコスの皮の材料になったりするんだよね。
それを端的に手短に、かつ分かりやすく、面白くサブクエにしてくれたというか。
個性も感じられて人情もあって、いいよね。


クエを楽しむために、攻略を見ないで追いかけていきましたが、ちゃんとテレポした先にいてくれたので、途中から、もしかして全エーテライトにいたりするんじゃないかと、別のテレポ先にも行ってみたりもしました。違った。
報酬として、素材のトラルコーンをくれるのもいいし、楽しかった!
しばらく、モロコシ様を連れて歩こうと思います。

2024年7月15日 (月)

黄金極武器挑戦

彫金の中間素材のイフイカナイト。
脳内で「イフ(鯖へ)行かないと(いけない)」と変換され、大変覚えやすいです。
よしPの「ここイフだよ」事件は、永遠にいじられることになるんだな。大変だなー。(棒読み)


余裕が出てきたのでさぶちゃんの、グラカン納品物を毎日せっせと作っているのですが、アイテム名がだんだん長くなる罠。
だいたいは素材の名前が先にあって、後半にロール名と部位名がくるのですが未だにストライカーとスレイヤーが混同されてあやしい。


さて、黄金の極武器に行ってきました。
予習をして、最初からの練習に参加。戦士でタンクでMT。
今回戦士はスキル回し、そこまで変わっていないから安心だなあ。
あ、でも、念のため、海外考案の開幕スキル回しを見てみよう。ぐぐる。見る。うわ、さすがに独学のスキル回しと若干違うし、癖を直さなきゃ。


結果、頭が混乱してギミックをくらう。


その節は大変申し訳ございませんでした。精進します。
しますが。


極武器。
最初からの練習だったのに30分で時間切れになり、1セットでクリアしてきちゃいました。あれ?
アチーブみるかぎり、クリア済みの方が参加してくださったようです。ありがとうございます。サブジョブ練習かなあ。ともあれ。
動画見て復習してもいまだにギミックの理解度があやしいので、クリアしたけれど練習したいPTやらクリ目やらに5回ほど参加してきましたが、それでもまだまだ雪山フェーズがあやしい。泣。
もう少し練習してから、極アクセに挑戦しようと思います。

2024年7月14日 (日)

黄金のレガシー漁師クエ

漁師クエを開始しました!
それまでリーヴ対象の魚を自力で釣って、調理に使う魚もなるべく自力補充をやっていたらレベルも99まで上がっていたので、最初のクエストでⅭになりました。
「黄金の恵みを我が身に(採掘師、園芸師、漁師のすべてのレベルが100に到達する)」達成です。


さてクエスト。
ここでワラキ族出現か!
流石になんというか、少数部族故か、ワラキ族ゆえか、個性的だね?
しかも、そのキングパファーは、一人で全部食べるにはちょっと、量が多いと思うよ・・・?

そしたら途中で、食べきるのも修行と言っていましたね。
自ら謎を解決してくれた・・・!笑


クエストの途中で行く、シャーローニ荒野での釣りはちょいと視点を変えて、真横から橋を背後に釣りをしてみましたが、端のほうは熱風でぼんやりゆらゆらしていたり、背景がすごい凝ってる・・・!
しかも、遠くに行くほど揺らめいてるから、リアル感がすごい。荒野だけれど癒しになるなあ。


そんなわけで、黄金のレガシー、ギャザクラクエストを全てクリアしました。
一番好きだったのはやはり、パメカの話。
ぜひともまだ続いてほしいな。


そういえば、今回全てのギャザクラクエストをクリアしたけれど、暁月のときの黄金のチャタ号みたいな、ご褒美交換品ってないのかな???
あれ、なさそう?
しょぼん。


後日、まとめクエストみたいなやつが実装されるだろうから、そのときに期待。

ストレイバレーとサボテンダーバレー

遅まきながら、開放して行ってきました、黄金最初のエキルレダンジョン。
今回はどちらも、開放にまつわるストーリーがあるのですねー。


サボテンダーバレーは、中に入ると、まさしく荒野!の風景。
むしろ常に青空が見えてこちらのほうが荒野らしいイメージ。映画の中の荒野だ。
まわりはサボテン、そしてやってきた、最初の1ボス。きんにくましましサボテンダー。これが・・・!
ダンジョンクリア後には腰痛を直してくれるらしいから、針千本も悪くないのかも?うーん。あれか、針治療か。

全員未予習初見のPT募集だったので、1ボスは一度全滅。
初見殺し・・・!
2ボスは全滅せずにクリア。クリア後よく見たら外周に煙突があるじゃないですかー。やだー。戦闘中は気づかなかった。気づかないで避けてた。さすがヒカセン。
途中から、遺跡がロンカっぽいなと思っていたら、まさかの水蛇さまの壁画?が見えて、え?えええ?
道中もロンカのギミックがくるし、何故この世界にロンカが!
ラスボスは、大蛇?さまで、うわーうわー。一度の全滅ですみました。矢印安置が、ギミックがわかったのに焦りで同じ道を何度もたどってしまうというミスをやらかしました。一度全滅した後は間違えなかったけれど、水蛇?さまのわりにめんどくさいギミックを使ってくるんだね。
何かでかいものをかぶっている大蛇?さまだったのに、戦闘終了後は縮んでいて、「ちぢんだ」「ちぢんだ」とみんなでつっこみました。エーテルを使い果たしたのか。

クリア後のムービーでもはやりロンカ。
第一世界の彼らに会いたくなりました。会いに行っていないけれど。笑。



ストレイバレー。
初見の募集にのりこんだのですが、そこにクリア済みのタンクさんがいらしたので、かろうじてクリアできたというか。
全滅はラスボスくらい?セリフをじっくり読めなかったけれど、二回目に挑戦したら余裕ができて、ギミックがわかって、ラスボスが一番簡単でした。っていうか、このおおきな手は某ハーデス戦を連想したなあ。

1ボスは全滅こそしなかったものの、何度か死にました。DPSに召喚さんがいたので蘇生しあいでクリアできたようなものですが、これ、殴らせる気がないね?
ダンジョンだから多分、慣れればもう少しうまくやれるのかもしれないけれど、あの人形にこそ可視化のAOEが必要だと思う。ていうか、外周の人形、多すぎる!!
面白いギミックだとは思うけれど、これが何度も繰り返されると、うん、殺意がわくね。


2ボスは噂で悪評だけは聞いていたので、ギミックを理解しているらしきタンクさんに素直についていきました。
線は最後まで見えるままぐるぐるしたほうがよくなーい?
1ボスといい、2ボスもなんというか。
目がぐるぐるしそうなギミック。
このダンジョンは何らかの調整希望。



サボテンダーバレーは楽しかったです!
カードがあるので、しばらく通うと思うけれど、うう。ストレイバレー。復習しても避けられる自信がない。

2024年7月13日 (土)

黄金、調理錬金クエと鍛冶甲冑彫金クエ

次は、黄金のレガシー、調理と錬金術のクエをクリアしました。
内容的には、調理と錬金術をかけあわせるなら、健康食品になるよね!
エーテルの濃い、ヤクテル樹海のバナナを全てのジュースに使うほうが、エーテルの補充になって健康に良さそうな気がするのだけれど、そういうわけにもいかない・・・?
今はやりのスムージーとかもないのかなあと思いつつ制作していましたが、むしろ自分が飲みたいです、ジュース。

モブリンが投げやりだったり、やる気になったり、かわいかった。



鍛冶甲冑彫金クエ。
メインクエの壺匠の話がらみなので、メインクエの進行度によって会話が若干かわりそう。さぶちゃんで試してみよう。

どのギャザクラクエも、依頼人のほかもう一人のNPCがつくわけだけれど、パパーニさんは綺麗なキャラだね。壺匠だっただけあって、衣装も良いもの着てるし。
しかし名前を見るたびに、パニーニとかいう、イタリアの食べ物を連想して、美味しそうだなあとじゅるり。


さて残るは漁師クエのみになりましたが、こちらはまた別の機会にじっくりやろうかな!

2024年7月12日 (金)

黄金、園芸採掘裁縫革木工のクエスト

そういえば今回、メインクエのクリアにロールクエストは必須じゃないのねー。やらないまま、いつ要求されるのかと思っていたら、そのままラストまで来てしまいました。
連続クエストだから、話の内容を忘れてしまわないよう、一度にやりきれる98とか99レベルになってから挑戦しようと思っていたら、fateランクをあげながらメインクエを進めていたせいか、うっかりカンストしてしまってそのままになっておりました。
せっかくなので、そのまま、ガンブレとか、暗黒とかのレベル上げにしよう。そうしよう。


というわけで、ギャザクラクエ。
園芸採掘は、ヴィエラという種族に関する話でした。内容的には店主の家族の死因の話なのだろうけれど、ヴィエラ族の男性はそうやって過ごしていくのか、という話も知れた内容でしたよ。
さすが、ヴィエラ族は見た目で年齢を判断してはいけませんね・・・。同じヴィエラ族ですら、見間違えるみたいだし。
なにか。ウヴロのキャラ、どこかで見たような気がするのだけれど気のせい??


木工裁縫革クエストは、本好きならば大好きになる話だと思う。
楽しくクリアできたよ!
こういう、本を好きな人の話はいいよね!
さりげに、トラル公用語にまつわる話もあったりして、興味深かかった。
今のところ、一番好きなギャザクラクエかもしれない。

2024年7月11日 (木)

黄金のレガシー褒めてない所感

黄金のレガシーの感想を一言で言うならば。


「意図はわかるが、必然性が足りない」


これに尽きる。


終えたのはメインクエストと風脈クエだけ。
ロールクエすら受注しておらず、かろうじて園芸採掘の話は終えてあるけれど、そこはメインクエストに関係なかったのでもしかして、まだ受けてないサブクエストに疑問を晴らしてくれるエピソードがあるのかもしれないけれど。


前半はウクラマトの話だ。後半もある意味ウクラマトの話だけれどそこは割愛。
ヒカセンはウクラマトに頼まれて王位継承戦の手伝いにいるので、ウクラマトがメインになっても全く構わないのだけれど、ただプレイヤーであるヒカセンは主人公であるべきだったと思うんだよね。
例えばフェオちゃんみたいな、ウクラマト一行を見ている誰かがいて、ヒカセンがさりげなく手伝いや補助をしていることを、ちゃんと見てくれて、ほめてくれる影の存在みたいな、ヒカセンが一介の冒険者でありつつ、主人公扱いしてくれるキャラが欲しかったなって。
ウクラマトが武王になって、その後エレンヴィルとともに荒野に行くけれど、せっかくウクラマトがいないのにここでも何故かヒカセンがわき役で、決闘の最後の美味しいところはNPCが持っていくし、何かこう、ここまでヒカセンがわき役ならば、ヒカセンいる必要ある?とすら思ってしまう。
ヴァリなんちゃらを倒すのだけはヒカセンがいないとだけれど、それ以外の試練って別にヒカセンじゃなくても良かった内容だよなあと。
ウクラマトは良いキャラだと思うけれど、ぶっちゃけ、正直に言ってしまえばロスガルじゃないですか? ヒカセンより身長があって、いくら年齢的に若くても見た目が成人で、庇護欲を掻き立てられることもないから余計にヒカセンがいなくてもなあって思ってしまう。


ストーリー的には何故そうなる?的な。
親子がテーマの一つと依然書いた気がするけれど反面、家族としての要素は恐ろしいほど排除されている、ように見える。
ウクラマトもコーナも養子だし、ゾラージャは実子のわりに母親の存在が不在だし、そこはまあ、どっかで亡くなった的なセリフがあったような気がしたけれども。
グルージャの母親は出てこないし、そもそもアレキサンドリアにマムークっていたっけ?
ウクラマトの実父は出てくるものの、実母はいないし。
親子の話を書きながら、家族の話はほとんど出てこない。
唯一、ウクラマトとコーナ兄の話はあるけれど、これは、コーナ兄が後日理王になることをふまえれば、必要な関係だと思う。

一度ウクラマトが、家族での食事のシーンに言及していた気がするけれど、そこでも主にしゃべるのはグルージャジャとウクラマトで、たまにコーナ兄と理王がつっこみする程度。ゾラージャに至っては無口なのもあるけれど、会話もしてこないから本人、きっと、疎外感が半端なかったんじゃなかろうかとすら思えてしまう。
「家族」としての会話がどこにも見えてこない。
グルージャジャは、ウクラマトについて愛娘と言ってくれたしヒカセンに頼むと頼んでいたけれど、コーナ兄とゾラージャをどう思っていたのか、メインクエでは最後まで分からなかったな。
ゾラージャを倒す時だけ、一言告げたけれど、人(マムージャ)としてあるべき科白というだけで、グルージャジャのゾラージャに対する愛情とか感想とかそういうものとは違う、気がした。


試練は選者に手を出したら失格のはずなのに、ウクラマトの父親フンなんちゃらを拉致してたぞ?それでも失格にならないわけ?殺さない限り、失格にならないの?
そもそもヴァリなんちゃらを開放してて、失格にならないってのはなあ。
バクージャジャは、なんだかんだで誰かを殺したりはしていないし、ヴァリなんちゃらを開放しても怪我人しか出てないらしいが、それは結果論だし。
後半、あれだけ良い人であるならば前半はもっと葛藤みたいなものがあっても良かったように思う。


ヘリテージファウンドに入ってからの黄金レガシーは、エレンヴィルを主役に話が展開する。
スフェーンの評価は、AI、です。
ああいう、機械兵だの、機械の世界ならばそれをまとめるパーソナルコンピューターがあるはずで、王だしスフェーンがそれかなと思った。好きな食べ物を選べないって時点で、確定した。
AIだから、最初にプログラムされた内容しかこなせない、だから他国を侵略したりはできなかったのかなって。

ソリューションナインを運営するためのエネルギーは雷の力をエレクトロープで変換してるとして。
リビングメモリーにいる永久人達のエネルギーにはならなかった、のかな?あれ。それとも機械兵量産のためにエネルギー不足だったのかな。
魂は、アレキサンドリアの国民の魂のストックにするだけ?
この辺、ちょっと記憶があやふや。
魂のストックという技術があったから、アレキサンドリアはエレクトロープ大戦に生き残ったんだ?



こう、フレと話をしていたのだけれど。
面白くなかったわけじゃないし、感動しなかったわけでもない。
でもいろいろなところで「惜しい」部分が多すぎるというのか。
結論ありきの展開で、語るべきはずのエピソードがほとんどなかったというのか。いろいろ語ってはいるのだけれど、キャラの思想や意思がみえるエピソードが。
理想や志とかではなく、もっとキャラの生の声が知りたかったな。


「知る」といえば、ウクラマトはトライヨラや他の人たちのことを知りたいというわりに、マムークの試練で戦いに負けたゾラージャのその後のことについて知ろうとしなかったというか、負けた兄について気遣う様子がなかったし、姿がなくても心配していなかったし、ゾラージャはそもそも無口だけれど家族として関心をもたなさすぎるというのか。
もっと身近に、知るべき相手がいたんじゃないのかと。


こう、いろいろ言いたいことが多すぎる!


言えることは。
ブリなんちゃらの謎は解けていないし、忘れられた人々のこともあるし、黄金のレガシー発表前によしPが予習を勧めていた14人委員会の名前?と、エオルゼア12神の名前はまだ出ていないような気がするし、黄金のレガシー。まったく終わった気がしないので、これからかなあ。

新生友好部族

当時の言い方をするなら新生蛮族クエに、新しくポートレート教材が実装されたと聞いて交換しに。
行くも当然、蛮族通貨がないので、クエストをこなすところから。
うっかり受けられるものすべて受けて、報酬をもらってしまってから、蛮族通貨をくれるクエストはレベル48のものだけだったことを思い出す。
うーん、この失策、譜面実装のときもやったような気がする。


さぶちゃんは、蛮族通貨が大事なもの扱いのときにこなしたから、何もせずとも貯まっているのだけれど、メインはそうはいかない。
とはいえ、今のレベルで新生友好部族をこなすと、敵にからまれないし数分で終わるからさくさくだね! 敵がうようよいる目の前で捕虜を解放するのは面白い。笑。
難を言えば、飛べるとはいえ新生エリアなので下手すると3D酔いしかけること。


この新生友好部族で、全ての友好部族のポートレートが実装されたことになるのかな?
個人的にはコウジン族のポートレート背景をめっちゃ愛用しています。


さて、間違って受注、完了させた分もあることだし、3日かけて、新生蛮族クエをやるかな!

2024年7月 8日 (月)

クリアしたー!

ラストダンジョンは、コンサポで行きました。都合よく募集がなかったし、募集するか、コンサポか悩んだんだけれど、最後は見どころ多いかもしれないと思ってコンサポに。
そのおかげで、1ボスで何度死んだことか!っていうか、3回も全滅しちゃったんだけど!?
途中まで行けてたから諦めずにクリアしてきましたが、ひらじゃなくタンクで行けば無理やりクリアしていたかなあ。2ボス3ボスは全滅せずに行けました。ベネ便利。

こう、道中がめっちゃ凝ってるダンジョンでした。
黄金レガシーのダンジョンはどれもそうなんだけれど、もう、見る景色全てが忙しい。
最後のダンジョンはコンサポで正解だったよね。途中のセリフとか、ログたどって読み直したりしたくらいには情報過多だった。


ラスボスは、普通に募集で。
未予習初見。
そして、床がうようよで全滅はお約束?
あれ、くらったら即死かいいい。


2度目の全滅は壁で。
そこで3度目も全滅しましたが、誰かの浮いてたのか、という発言によって突破口が見えて、そこからは半壊しつつもクリアしてきました。
途中何回も半壊しまくってきたんだけれど、ギミックが見えてきたら何とか。
目新しいギミックというか、エフェクトというか。
いやあ、苦戦した。
最後にスフェーンに会えて良かった。
けど、ウクラマト、お前、どこから飛んできたんだよ?



黄金のレガシーは最初から最後までウクラマトの話だったー。
ウクラマトも良いキャラだし、悪くないんだけれど、全ての盛り上がりは最後のエリアの話に持っていかれたというか。エレンヴィルか。


最後のエリアは、もうゆっくり撮影しながら進みましたが、決してあの景色が戻ることはないんだね?
ラスト、黄金の粒子すら消えちゃって。
エリア一つ丸ごと、世界を変えるとか、2つエリアを作ったようなものだよね、これ。よくぞ思い切ったなあ。
いやでも、あの黄金のエリア、あのままでいて欲しかった・・・。NPCは消えてていいから。うう。


総評としては。
グラのアップデートがあったせいか、もう景色とか、ダンジョンの景色とか、新しいギミックのエフェクトとか、もうそっちに全部持っていかれた気がする。
あのアイスクリーム、ヒカセンも食べるシーン欲しかったぞ? 撮影待機までしてたのに、暗転で終わるんだもん、ううー。あいすうううう。

ストーリーよりも、エリアの印象が高いというか。
親子というか家族の話として、そこそこ良いシーンもあるんだけれども。
でもやっぱ。これ、ウクラマトの話だな!
ヒカセンは今回わき役。


黄金のレガシーは終わったけれど、まだ組織の話は終わっていないし、鍵はあるし。
謎は尽きない。
アロアロの話がまさかここまで続くとは。
もともと原初世界の種族だから、クルルの魂も濃いのかなあ?
とすると生命力も高かったんだろうか。


そいで最後のあれは。
そういえばソリューションナインのエネルギーは、まだ残っているんだね?
あの王国の魂のストックはもうないと思うんだけれど、いつかあの場所の光も消えるのだろうか。


思うことはいろいろあるので、さぶちゃんで復習してこようと思います。
ちょっとまだ、ロールクエも受けてないし、園芸採掘のクエストは終わらせたけれど他はまだだし。
まだ黄金のレガシーにどっぷり漬かってきます。

«ついに最後のエリアに到達