« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月21日 (水)

63コンテンツまで

63レベルで解放されるコンテンツまでの冒険の感想。






セイレーンのダンジョンを終えるとそこはクガネだった。
おお、ここがトレーラーでさんざん見た街中。
思いがけずウルダハとつながりのあることが判明したりして、海賊達に出会って。
ここでの海賊はリムサとは違う海賊達だなあ。


余談として、フレが遅れてセイレーンダンジョンを解放した時、一緒にダンジョンをクリアしたのですね。
身内のみPTだったので戦戦竜学。
わいわいやってクリアして、クガネにたどり着いたフレを迎えるためにクガネに飛んで。

「中華街みたいだよねー」
「中華がないではないw」
「えーw」
「あーでも中華街みたいな印象はあるか」

そんな雑談をこなしつつ、フレがクガネを見渡せるMAPの端っこにいるというので、例のサブクエの場所へ案内しまして。
そこからクガネの町並みを見渡しているうちに夕方になり。


「おー夕日が綺麗だな」
ちょうど、海を見渡せばトレーラームービーでユウギリ達が見ていたと同じ夕焼けの空。
場所は違うけれどユウギリと同じ夕日をみている気分。
ふと、隣を見てみたら高くそびえている塔?を登っているユーザーがいたりして、あんなところに登れるんだというか、ジャンプして落ちていく人がいるのが見えたり、MMOだなあと感心したり。
メインクエは面白いけれど、きっと何でもないこんな雑談や景色のほうが後々の思い出になるんだろうなと思った私でした。



さてその後は赤玉海。このあたりに先に到達したフレが泳いでばかりいますと言ってましたが、その後到達した私も泳いでいましたw
だって敵にあわないんだもーんw
特に海賊達の話の周辺はまだ潜水できる前だったけれど、とにかく泳いでいた。

島の名前を失念しており、更に今メンテなので調べられずにいますが、海賊達のいる島からは大隼が出ているのでさくっと乗ってみました。
クガネまですーいすい。眼下が目に見えていたらすごかっただろうなあ。
地図が開いてく様子を見てるのが楽しかった。


潜水出来るようになってからは、海の中の景色が綺麗だなあと。
とくに水面から光がさしてくる、海中の天使のはしごはぼおっと見てました。海中は海中で、潜水ぎりぎりまでもぐると、珊瑚やら飾り付けやらがあって以外にカラフル。
見飽きないように工夫されているなと。

ところで、蒼のタマミズ。
ちょうど道中にぴょんぴょん飛んで移動しているユーザーをいっぱい見かけたので、そうか、たどり着くまでにこれでぴょんぴょんしないといけないのかと思って頑張っておりましたが、全く関係ないですね?
こういう山登りギミックが苦手なので、何度も水中に落ちるのを繰り返しては泣きそうになっておりましたが、コウジン族の住処に行くには関係がなかったというオチ。
サブクエで風脈関係があるから必須は必須なのだけれども、さんざん落ちまくったあと島を見て、あれ、これ、最後にジャンプしてたどり着いても移動のワープポイントがあるわけでなし、やらなくても平気そうな・・・?
と思って横を見たら脇道があったの巻。

うん、私の頑張った時間を返してくれ。

風脈のクエはやらないと飛べないのでクリアしましたとも。
練習になったのか、以外と2-3回でたどり着けたのは安心しました。
海賊のあれこれは好きですが、とりあえず、メインクエのスサノオ戦解放、サブクエの紫水宮解放までは一気に駆け抜けた感じ。
スサノオや紫水宮については、待て次号。

61コンテンツまで追記

61コンテンツクリアまでにまつわるあれこれの感想。






そういえば。
遅れてラーズガールリーチのメインクエをクリアしたフレに、「メッフリッドなんて覚えて居たか?」って聞かれました。

「うん」
「まじかよ。どこで出てきたかすら判らなかった」
「正確には、サブキャラでクォーリーミルクエ周辺を追体験したから覚えていたというか」
「それ、覚えていると言わないぞw 取り消しな」
「えーーw」


現在ノーマルガルーダを倒したばっかりのサブキャラがいます。
理由があってレベル上げをしていたのですが、このキャラがちょうどクォーリーミル周辺のメインクエをこなし、その後リトルアラミゴに舞台がうつったころ、メインキャラでは鉄仮面登場の前後を体験していました。
まるで巡り合わせのようなタイミングばっちりのシナリオリンク。
サブキャラで話を聞いたNPCがメインキャラのメインクエで出てきてくれたおかげで、このあたりのクエが記憶に残っていたのもあり、ラーズガーチリーチでメッフリッドが出てきたときすぐ判ったのでした。

ちなみに、その後サブキャラはクルザスをさまようことになるのでオルシュファンの墓参りをしている人が誰か、もちゃんと認識しています。
世界設定好きな人以外は忘れている人も多そうですね、というか、忘れていて当然というべきか。


特にメッフリッドは、新生のメインクエだから約5年ぶりの再登場?
概要を記すと、部下が怪我をして死にかけてるけど自分たちがアラミゴ人のせいか、誰も助けてくれない、頼む薬を取ってきてくれ。みたいなクエスト。
薬の元となる素材をげっとして、調剤してもらって?なのかな?入手した後戻ると、ありがとうと言われる。
その後話の流れ的にお使いがあるのかなあ。怪我をしていたはずの部下が、仲間に迷惑をかけられないといって出て行った、探してくれと言われて、見つけてあげるんだけど、そこはまあ、お決まりの「俺たちは仲間だろう!」という話で終わっていた気がする。

このあたりのやりとりを記憶して紅蓮に挑んでいると、メッフリッド死亡は泣けるんですよ・・・。
この人がどういう人だったか、今回のシナリオのためにぽっと出てきたキャラじゃない、だからこそ。
一緒に活躍する話をもっと見たかった。

2017年6月20日 (火)

61コンテンツまで後半

61で解放されるコンテンツまでの冒険の記録。
尚、一度書いた記事が消えてしまったので、これは二度目。





日曜の午前中にインして極らうばーん太もも戦の続き。
まだまだ人だかりが出来ていたので全く解消出来ていないのかなあとフレにぼやいてみたら、連打したら行けたとのこと。
よし、じゃあ連打だーーっ。

ちょうど、混雑が解消というか開発が何とかしてくれたあたりに突入できたのかな?
また戻されるだろうとよそ見しながらコントローラーを押していたらいきなり場面が始まっててびっくりでした。
また混雑でいつ連打になるか判らないし、ここは決して負けられない戦い・・・!

失敗したら突入からやり直しよね?
それだけはどうしても避けたいってことでいやに力が入りました。
勝てて良かった。

エリアに復帰してみれば、ラウバーンのいたあたりは突入時より人が減っておりましたし、その後通りかかった時は更に減っていたので、なんとか解消されたのかな?
あのまま混雑のまま夜になったらフレとかどうなるんだろうと思ってました。


その後のピピン戦は時間もあってか一発で突入。
まさかのメッフリッドは本気で泣きました・・・。
ここでこのキャラのために泣いてるなんて私くらいかもしれない。が、旅をしていくうちになじんできたばかりだっただけに、こう・・・。
アラミゴを取り戻したあとの平和な世界にいてくれるキャラだと思っていたのに、まさか唐突に亡くなるとは思わなかったです。

結構蒼天よりシナリオ攻めてるなと。

ところで例のゼノス戦。
アルフィノとクルルがヒールしたあと、「あなたも一流の癒やし手でしょ、手伝って」みたいなことを言われるのですが、はたと気づいた。
これがロールによる展開の違いかっ。

いやでも、でもですね?
こちらは、ゼノスで圧倒的な戦力差に愕然としたあとで、メッフリッドがやられて、コンラッドさんも目の前で斬られて、ヤ・シュトラが意識不明で。
そんなときに、自ら動けるのはずのないムービーで「手伝え」って命令口調で言われるのはさすがにちょっと・・・。
やれるならとっくにやってるわ!

英雄なら、自分からヒールして「手伝ってくれてありがとう」とか言わせる展開のほうがまだ合ってる、気がする、なあ。


その後は、リムサの海賊が出てきて、蒼天とつながってるなっと。

事前情報なしでメインクエをすすめていたので、唐突なダンジョン解放はびっくり。
良い意味で。
ここでこうくるかっ。

そして、このダンジョンは須藤開発が作ったと聞いていたので、どんな難易度だろうとびくびくしておりましたが、さすが新スキルの練習用の開発されたダンジョン。
見て判るギミック、こつがわかれば避けられるものばかりでパズルみたいなこれは好みかもー。
あ、でも、避けばかりで黒ちゃんが大変なのかなと思わないでもなかったりw

14にはすでにセイレーンがいるので、このダンジョンのセイレーンは東風のセイレーンかなっと。
顔なしのいめーじっ。

2017年6月19日 (月)

61コンテンツまで前半

紅蓮の冒険を、新コンテンツごとに振り返ってみようの巻き。
言うまでもありませんがネタバレです。





インして最初にしたことは、記事にもしたように納品できるようになったダンスカー装備をグラカン納品して、鞄をすっきりさせること。
空島で持てるだけ持っていた、アダマンカベイジの蒐集品も納品してすっきり。
取得経験値は激減したけれど、報告する手前まで終えていたモグモグデイリーも終わらせて、メインクエをじっくりやりました。

最初に移動できるエリア、カストルム・オリエンスは普通にふむふむ、なるほど。
メインクエ進行のキャラにユーザーが殺到して、NPCの表示がぎりぎりになるのは今だけのお祭りならでは。
優遇鯖じゃないけれど、過疎だった鯖にどこから人がわいてきたんだっ。

次の拠点、ラールガーズリーチを目指してエリアして。
おおお、ここがあの。
トレーラーでさんざん見てきた場所!

見下ろす風景じゃないから感動がいまいちだけれど、自分で動き回ってみて確かにこの場所はムービーで見た場所。

ここからシナリオに分岐があるのは、蒼天と同じだなあと思いながらギラバニア山岳地帯まできたところで不意に開けた視界に、意味もなくふわあああとなりました。

意味もなく、感動。

埋まったMAP。歩くたびに見えるようになる、未知のエリア。
昼間の光を受けて見通せる、初めてのエリア。


冒険だああああ。

途中、フレに遭遇したのもなんだか楽しい。お辞儀し合ってメインクエを目指す。マウントでてくてく歩く。
飛べない不便さも、どこへ続くかも判らない道も。
このわくわく感はいつ体験してもいいね。


そいでメッフリッドルートのシナリオは、王道だけれど王道だからこそ、ちょこっと泣けてきたり。
というか、ここで泣いてるの私くらいのようだ・・・w
フレはお使いだーと言ってたw

一人で涙をぬぐいつつ、例のお祭り騒ぎに遭遇しました。
もはや、紅蓮を語る伝説になりつつある「新型魔導兵器を撃破せよ」。
いわゆる極ラウバーン戦ですねっ。
ラウバーンのふとももを見続けるというやつw

どう挑戦しても無駄なので諦めました。
どおりで、fate巡りしている人が多いはずだ。
さぶじょぶでサブクエをこなしつつ、いつCFやインスタンスバトルが回復するのかなあと探検してました。


これは本来不具合報告すべきなのでしょうけれど、ギラバニア山岳のほうかな?
通りかかったついでにfateがあったので参加してみました。

「続辺境パトロール」
いわゆる護衛系のfateで何かおかしいと気づいたときは、fateの残り時間が7分なんぼでした。
雑魚が、倒しても倒しても倒しても倒しても沸いてくる。
倒しても倒しても倒しても倒しても、NPCが先に進まない。

fate残り時間が3分になった頃、やはりおかしいと判断する。
「これ、何かおかしくない?」
「おかしいですよね・・・」
say会話するものの、どうしようもないので、倒す倒す倒す倒す。

「これ、失敗するんじゃないかな」
「そんな気がしますね・・・」

はい、fate時間切れで失敗扱いになりましたよ!
よしだああああああ。


長くなったので後半へ続く。

土日がっちりやってました

金曜日のアーリーから開始して、土日がっちりやっておりました。
とはいえ、新コンテンツはフレと一緒に攻略するため寄り道もしていたので、あまり進んでないし、上がっていません。

白63、戦士63。
調理64、木工に鍛冶、園芸、採掘あたりが61。

どういうわけか、調理がメインのレベルを超えてます。商用マニュアルとリーヴ様さま。
素材が園芸の60で取れるものなのがいいね!
それに比べてその他は・・・。はふ。

メインクエもちょうど63のコンテンツ2つを解放して、1つクリアしたばかりのところ。
新コンテンツごとに冒険を振り返ってみますね。

言うまでもないですが、全てネタバレです。

2017年6月16日 (金)

現在ダウンロード中

自動アップグレードはしてくれなかった・・・!
設定がどこかおかしかったのか。まあ、普通にダウンロードしたらいいよね!

残り48分と50分をいったりきたり。
ご飯食べて戻ってきたら残り28分。
目を離して飲み物用意してきたら残り58分。

よしだ????

まあいいんだけどね。

しばらくはブログも途絶えるのかなあ。
吉田Pが反応が欲しいと言っていたので何か記事は書くかも。
絶対ネタバレすると思うので、しかも遠慮なく配慮しないと思われますので、メインクエが終わるまでネタバレ嫌いな人は見ないでね!

私はTwitterもしばらく封印します。

蒼天の時は10日ほどかけてメインクエをクリアしました。
今回はどのくらいかかるかなあ。

2017年6月15日 (木)

蒼天最後の日

蒼天最後の日は、固定メンバーでくろちゃんをやろうと決めておりました。
50の極を回して、指定バハも行って、極ビスラヴァ行って、ダンジョン行って。

紅蓮がきたら初見ポイントたくさんたまるし、ようし、全部使い切ってやるぞおおおおお、3ライン狙ってやるううううう!


意気込んでいました。
それがあんな結果を生むとは思わずに。


紅蓮を控えた水曜日。
攻略手帳達成はできるだけ、紅蓮で使いたいよね?
たとえ得られる報酬がわずかだったとしても、そのわずかのおかげでレベル制限にひっかかることなくメインクエをスムーズに進められるなら、ぜひともそうしたい。

だから攻略手帳を見ながらくろちゃんを割り振りしていたのに。
していたのに。

していたのにいいいいい。


だからこそ、8個開けていたことに気づいたときは、びっくりでした。
現在くろちゃんポイントフルあるのに、あるのに、それを使うことなく完成したのが1ラインもないなんて・・・!
しかも紅蓮後にたまるであろうくろちゃんポイントが、あふれるばかりでたまらない。

うわあああああ。


よし。
くろちゃんはなかった。
いなかった。


ダンスカーに行って、装備をろっとっと。
これらは全て紅蓮開始後に軍票へ変わっていただきます。
蒼天の時がそうであったように、今回もリテイナーをぐるぐる回して金策しながらメインクエをするんだ・・・!

というわけで、所属グラカン前で落ちておきました。
あああ、ギャザクラレベル上げも開始だし、グラカン納品がしばらくの日課になりそうねっ。


メインクエは白で進めて。
戦士でレベルレ回す予定なので、2ジョブのスキル回しを研究しておかなければー!

黒のアニマ完成

暗黒アニマを開始してからではありますが、黒のアニマが完成しました。275ですっ。うふ。

輝き集めは、最終的には起動零式一層周回でたまりました。おかげで断章がたまったので、紅蓮がきたらベンチャースクリップに化けると思われます。
紅蓮がきたらリテちゃんのレベル上げが開始されるぞおおお。


のんびり作製していたので起動零式一層ボーナスに回れたのは1-2回?
輝きのためにダンスカーへ行こうとして、ふと思い立って起動零式一層も申請してみたらこちらが即しゃきだったという。
ボーナスかっと期待したものの普通だったw
ボーナスがないときでも周回してる人がいたのねん。しかもRF。

蛮神めぐりは、フレに手伝ってもらって4人で。
50の真はほんとあっという間。
60の真も、学のフレが手伝いで一緒に行ってくれたのですが、ほぼ全てが即しゃきでびっくりしました。ひらとDPSだけなのに即しゃきとは!
紅蓮まで間近。最後の追い込みで完成目指してる人が多かったのだなー。


普段こういった討滅戦はタンクかひらでしか行かないので、DPSで参加できたのは物珍しさも手伝って新鮮でした。

どこでエノキアンしようか迷ったよ・・・!
真ラヴァ・ビスから始まったからシンクかかっているし、なのでセフィ女神鬼ズルのときは60なのに頭が混乱して50のスキル回しと混同するとか、まあほんと、新鮮な参加でした。


これでアニマは白占戦黒完成です。
暗黒は輝き緩和がきたら思いっきりやろうと思います。

紅蓮に向けてしゅっぱーつ。

2017年6月13日 (火)

最後の緊急任務35回目

つい先日、これが最後の緊急任務だろうという記事を書きました。
私も最後のつもりでおりました。

ギャザ赤貨を稼ぐため雲海探索に行ったんです。
空でギャザ赤貨を稼ぐのもこれが紅蓮前最後になるのかなあと。

暗転中に「よろしくお願いします」と挨拶をして、ログを見たら流れる中に一つのシャウトが。

「少人数なので補佐します」

え、これはもしや?
もしや?

はい、突入したら緊急任務が発生していたパターンでした。
フルパが突入したことで安定した攻略が出来たのかな?普通に倒せて、さあ宝箱。


最後の最後なのだから奇跡が起きてもいいじゃない?
ここでラスト、オチをつけるためにも武器出た方がいいですよ?

ま、出ないんだけれどね!

15分延長があったがために時間いっぱいギャザ赤貨を稼げて、緊急任務も出来て満足した雲海探索でした。
ちなみに、集まった真鍮は3,394個。約282個分のジャ!

2017年6月12日 (月)

3回目の死者宮殿

結論から言うと3回目のちゃれんじは、193階で全滅してしまいました・・・。

キマイラがやはり凶悪でした。
193階にキマイラは出ないのですが、そこにたどり着くまでにリレイズの土器を全部使用済みにしてしまいまして。
それもこれも、保険で使ったリレイズがキマイラに遭遇するたびに減っていたこと。191階突入時にはなくなっていたこと。
戦闘中の誘因罠踏みから、ひらの私が死に、その後の流れはあっという間でした。
事前にフェニックスの尾をメンバーに渡していたけれど、安全に使える距離のところで死ねなかったのもあって、まあ、無理があったw

リベンジしたい気持ちはあったけれど、紅蓮前で他の人にもいろいろと都合があるだろうし、ということで、ここまでにしました。

いろいろと残念でした。
うー、いつかはまた、挑戦する機会がくるといいな。

ありがとうございました。

2017年6月11日 (日)

死者宮殿にて

死者宮殿はアイテムレベルの装備関係なく、裸でも行けるのが特徴です。
そんなわけで、課金おしゃれ装備の風雅衣装セットを着てみました。お布施の気持ちもこめて、おしゃれ装備は購入する派。
普段のひら装備は触媒が必要だけれど、死者宮殿はおしゃれ装備をそのまま着るだけで行けるのがいいよね。

フレ「また課金したのか」
私「うん?」
フレ「せっかくミラプリ考えたのに」

私の現在のひらミラプリは、フレが考案したものです。
私と違ってフレは気に入ったミラプリを一年以上継続するため、フレからしてみたら私はよくミラプリを変えている、ことになるらしい。
とはいっても女の子だし、同じミラプリって三ヶ月が限度だと思いません?w

私「ミラプリには気がつくくせに、私の種族には何のコメントもなしかい」
フレ「あ」

そうなんです。
つい数日前に、ミコッテからアウラに幻想したんです。
髪の色すら、すごい変更したのにようやく気づいたかと思ったら第一声がそれかい!

フレ「そういえばそうだなw」

FCメンが私の種族に疑問符つきで話してくれていたけど、正解です。
幻想したんだよー。
でも誰にも気づかれてないよー。
それどころかミラプリに気づいて、でも種族はするーされてるよおおおおお。

このフレ殴ってもいいかしら?
えいっ。

2017年6月10日 (土)

紅蓮前の、戦闘の話

紅蓮前の現在、白のスキルやジョブゲージの話で盛り上がっている某2ちゃんねる。
個人的にも言いたいことはいろいろあるのだけれど、こう、ネガティブな話が広まるたびに頭の中に浮かぶフレーズがあります。


あれは、私がまだ11をプレイしていた頃。
11はMMOにしては珍しく、一つの武器や装備が超長く使える最終武器装備になるシステム。長らくそう有り続け、これからもそう有るだろうという時の、それはアドゥリン発売前に発表された情報。
アイテムレベルの導入、それによる、新たな最終武器のシステム。レリックが最終武器でなくなるという衝撃の発表。
ま、結局何らかの修正が入ったらしくその後もレリックは最終武器で有り続けるわけですが、当時はまあ、大騒ぎでしたね。

実はその数週間前、10日前とかそのあたり?
フレはレリックを完成させたばかりだったのです。
地道な時間と膨大なギルを使って完成させた武器が、その何日か後には最終でなくなるという情報に、けれどフレは冷静に呟きました。

「これも時代の流れだね」

レリックを完成させたばかりのフレの言葉だからこそ、余計に響きました。



時代の流れ。
同じ武器が最終武器でなくなるのも仕様変更も時代の流れ。
それこそがオンラインがオンラインで有り続けるもの。
過去に固執することなく未来を見ていくその視線。

自分は頭の固い大人になりたくないなと思っていました。
過去にとらわれ、過去に振り回される、そんな頑固な大人にはなりたくないと。

これが時代の流れだというのなら、受け入れるのもまた時代の流れ。
過去でなく、未来を見続けたいと。
ならば受け入れるのが一つの答えだなと。



もう一つ。
とある小説にあった言葉。

「責難(せきなん)は成事(せいじ)にあらず」

人を責め非難することは、何かを成すことではない。

批判は大事、だけれども、それだけでは何も成さない。提案も代案もなしに非難することはとても簡単。
だからね。

与えられた条件のなかでいかに楽しむか。
ゲームはそこにあると思う。
いろいろ言われてはいるけれど、総じて私の周りのフレは同じことを言う。
体験して見ないと何とも。
うん、そうだよね。私もそう思う。

絶対白でメインクエをやろうと思っています。

ただ占いもあげるし、戦士もあげるし、侍もやるけどね!



紅蓮が楽しみです。

暗黒アニマ進めました

とりあえずアイテムレベル230まで。

いつまでも持っていても仕方ないので、ある程度まとまった時間がとれたときに行ってきました。蒼天ダンジョン。
ダスクとソームアル。別の日にドラゴンズエアリーと教皇庁。
暗黒を選択したものだから、久しぶりの暗黒動きにたじたじ。
アンリーシュ(フラッシュ)うちながら、ええっと、このアクション何だっけ?とかスキルを読むのはあまりにもスリルがありすぎりる・・・!w


その後はアイテムを持っているし、さくさく進むなあと思っていたらその通り!
一気にアチーブ2つげっとして、コンダクトまで行けました。
武器としては完成型よりコンダクトのが好みだなー。

案の定というか、うっかり伝承をデミクリスタルに変えてしまっていたので、人造精霊を成長させる段階で止まっております。
半分まで来たけれどもう半分。
果たして紅蓮までに間に合うのか・・・!

2017年6月 8日 (木)

ストンスキンの話

今流れている情報によると、どうやら紅蓮では白のストンスキンがなくなる、らしい?
雑誌情報だとなくなることは確定だけれど、その後やはり実装することにしましたとかはあるのだろおおか。
未確定情報ですって、一応載っていることだしなあ。

ここからは、ストンスキンがなくなることを前提とした話。


14は白で開始しました。今のメインジョブも白です。紅蓮も白で開始しようと思います。
今じゃレイドに行くくらいまでの腕前になりましたが、当然そこに至るまではいろいろあるわけで。

侵攻四層を、とある固定メンバーと一緒に練習させてもらっていました。
運良く最初からの練習に紛れ込めて、その翌日も同じ主催が募集しているPTに参加できて、その縁から学者さんに声をかけてもらうようになり、その後は主催に声をかけてもらってクリアまでご一緒させてもらったのです。

さてその練習。
ストンスキンを使うシーンがいくつかあります。

レイヴェンズビークにストスキを合わせる、というのは、とりあえず置いておいて。

フェーズ2のあとにくるメガフレア。
そして落ちてくるネール。

メガフレアのあと、ネールさんが落ちてくるまでには数秒の余裕があります。
そしてネールさんが落ちてくるときは痛いダメージがあります。

当時はまだまだ余裕のなかった私。
それでもある時気がつきました。
ナイトさんが自分にストスキをしていることを。

当時はまだ、白のストスキ効果が18%でした。ナイトのそれは10%。
ネットで調べてナイトよりも白のストスキが効果が高いと知り。
そしてナイトさんに自己ストスキさせているのを申し訳なくも思い。

メガフレアのあと、ナイトにストスキを詠唱するようにしました。
が、これ、具体的なやりとりが何かあったわけじゃないのですよね。
単に私は、白としての意地で詠唱するようになったのです。
でも多分ですが、ナイトさんにはナイトさんの意地(?)があったのでしょうか。ひらへの優しさから詠唱していたと思います。
私がストスキを詠唱するようになって、それに気づいていながら(多分w)ナイトさんは決して自己ストスキをやめませんでした。
本当にどちらも意地になって詠唱をしあい。
これが何回続いたかなあ。もうこれね、クリア寸前までやっていた記憶がありますよw

それでもある日から、ナイトさんはここでストスキの詠唱をやめました。
私に、まかせてくれるようになりました。

信頼されている感じがして嬉しかった。


そしてこれ以後、私はストスキを愛用するようになりました。
白のストスキの効果が10%になっても、MP効率が悪くなったとしても、それでも。
占や学をやっているときですらも常にホットバーに入れていたし、実際使っていました。

そんなストンスキンがなくなる。
ストスキが消えても、思い出までなくなるわけではないですがやはり。
思い出すよすがが消えるのは、寂しくなるなあ。

もう今はそのナイトさんもいない。
だからこそ。


とかオチがついたらかっこよかったのかもしれませんが、そのナイトさん。
学生から社会人になったせいでイン時間はかなり減ったし、全く姿を見ないのは嘘じゃないですが、それでも一年に一回くらいは今でも挨拶出来てます。
いないわけじゃないので、最後のオチにならないのだけれどw

いろいろと

記事を書こうと思っていたのだけれど、思いの外遊んでいた・・・!

とりあえず。

会社のパソコン、更新の関係で新しくなったんだけれども。
ワードを開いて、ためしに「イシュガルド」と打ってみたら、「イシュガルド教皇庁」だの「イシュガルド防衛戦」だのが出てきてびびりました。

な。なぜにっ。


ついでに「クルザス」と打ってみたら「クルザス西部」「クルザス茶葉」ときた・・・!

これ、完全に14用語よね・・・?w
謎な変換候補だ・・・。

2017年6月 6日 (火)

3回目の死者宮殿150階まで

紅蓮まで暇だああああ!

というわけで、3回目の死者宮殿に挑戦することにしました。

戦士。
チャレンジすること7回目。過去6回のクリア全ての報酬がファイアクレストとかいう、非常に偏った運の持ち主。
今度こそガラスのカボチャを得るべく挑戦。

詩人。
2回目のチャレンジ。ファイアクレストを持っている人。

竜騎士。
2回目のチャレンジ。ガラスのカボチャを持っている。

そして私、占い。3回目のチャレンジ。ファイアクレスト、ガラスのかぼちゃ、両方所持。


51階から開始して、さあ本日はどこまで行けるかなあ。
ルールは基本いつも通り。
最短距離を通る。箱は通り道にあるものだけ開ける。最初のうちは土器は貯められるだけ貯める。

が、以外と53階くらいでマンティが3つも貯まりましてね。
本格的にマンティを使いたくなるのは151階以上だろうし、なのでマンティは使えるときに使おうという流れになり、めんどくさくなったらささっと使ったりしておりました。

で、時間の許す限り行けるところまで行こうと思っていたら、150階まで一気に。

竜「暇つぶしなのに、そんなに駆け下りたら早く終わっちまうだろうがw」
私「どおせなら2日で終わらせようぜーーーwww」
戦「2日じゃないですよ、1日で終わらせるんですよ!」
竜詩私「wwww」

さすが、死者宮殿のプロの発言は違いますな!

道中、130階の途中あたり、敵に囲まれ誘因踏んで、あわあわしたこともありましたが、土器を使うほど半壊することもなく、カオスになったくらいで気がつけば倒せていたりして、皆慣れてきたね。
一気に150階まで到着したので、次からが恐怖の151階です。
ま、キマイラが出なければ安全安心?w

果たしてどこまで行けるやら。
いざ、3度目の挑戦です。

2017年6月 5日 (月)

緊急34回目

おそらくこれが、紅蓮前最後の緊急任務になるでしょうか。
ちょうど「上級雲海探索:ランク3」活動評価600を100回のアチーブも達成したので、今後行くとしても本当にギャザ赤青のためだけになるかな。

報酬は最後の最後まで安定のサンバーストw
本当に、ありがとうございました。

はい。


気がつけば、活動評価600を100回までのアチーブまで20数回となっていたので、途中からは活動評価も気をつけるようにしてみました。
とはいえ、なんとなくそのためだけに頑張るのは気が向かなかったので、ギャザ赤青を意識するくらいでした。
その前まではフレと一緒に参加して、緊急任務が発生するまでfate巡りをしていたので容易にアチーブもカウントされていたのだけれどね。

個人的にfateは好きじゃないです。
そもそもソロ活動を好まないというか、誰かと一緒なら楽しいのだけれど、経験値稼ぎにfateはなんとなくなじめない。
14開始したときは既にダンジョンの経験値の方が美味しかったので、レベル上げにfate祭りというのを経験したことがなかったのですね。

だけれどもね?
雲海探索に行って、緊急が発生するまでの間、fateしかすることがないわけですよ?
わざわざ14を遊んでいるのに、緊急発生するまでの間に裏で動画見るとか、14やってる意味がないじゃないですか。
fateは好きじゃない、でもfateがたっぷり残されているからには、fateをやるのは嫌いじゃなかったです。
潰れたロックボックスもたまるし。
14やってるんだから、14で遊びたい。
抜けて次行くよりも、発生する可能性の方にかけたい。

そんなわけでfate巡り、嫌いじゃなかったよ。
本当に。

なのにそれも、吉田の「抜けて次行った方が良い」発言によってfateする人は迷惑、もしくは奇行となってしまったわけで。
本当にこれだけは残念です。
一緒に行ってたフレも、緊急発生にfateが関係あると信じて毎回時間いっぱいまでfateしまくるのを面倒に思いつつ楽しんでやっていました。
まさに吉田の発言の時「余計なことを言いやがって」。
本当にこれw

うん、まあうちらが珍しいことは理解してる。
でもどうしても。
14やってるのに、緊急発生するまで動画見てるとかスマホというのになじめなくてね・・・。
それでもタンクヒラだとfateもやれなくもなかったから、ちまちまやっていたわけですが、あるときからすこーんと、何かが抜けてしまいまして。

ギャザやるようになったけれど、これ、鞄がなあ・・・w


さて。
ギャザ青貨を集めて伝承録取りも終わった。
今週の赤貨も終わり。

そういうわけで、活動評価を稼げるという雲海での釣りに手を出してみました。


赤貨はたまっているから、ふつううううに、釣るだけ。
レッドバルーンでひたすら釣るだけ。

ですが、これ、活動評価たまりますねーーーー。
任務やってたまにNMやるだけ。ぷらす釣り。
30分で目的の活動評価600もたまるのはありがたかった。


そんなわけで、アチーブも無事に達成です。
紅蓮が来て空もどうなるか判らないけれど、遊ばせてもらいました。

2017年6月 4日 (日)

空島採集に行ってきた!

ふとFCの飛行艇を見たら帰ってきていたのと、FCメンがいたのとで、誘って空島採集に行ってきてみました。
報酬がどんなものかなあと気になっていたので、いざ体験。

2人で行ったからか、それともフルPTでも同じなのか。
任務はギャザって活動評価を100×3回ためること、でした。
特に任務らしい任務もなく、好きに活動してたら勝手に活動評価を貯めたと評価するよ、って感じでしょうか。
資源を調べるとかなんとか。
適当すぎる任務だけれど、まあ採集だしなっ。

中でのギャザの活動評価と、アチーブである活動評価は別計算なのかな?
採掘園芸で何か掘ると活動評価1、釣りだと3貯まって、100になるたびにアインハルト家から連絡が入る感じ。
任務300の活動評価を終えて報酬をもらったら40分過ぎていたなあ。2人だしね。

で、宝箱探しに移動して、2つほど箱を見つけた以外で時間切れになったのだけれど最終的な活動評価が1,200とかになっていたので、任務の活動評価とアチーブ活動評価は別なんだなあと。

ちなみに報酬は、博識のマテリガ+魔匠のマテリガ+ギャザスポイル真鍮10でした。
ジャが報酬にないあたり、手抜きだ!w

いちお、シャウトで誰かいませんかーと会話相手を探してみましたが、人影もなく、返事もなく、しいいいんとしておりました・・・w
これは狩猟任務で行ってギャザるほうがまだ寂しくない!w

2017年6月 3日 (土)

新生錬金術リーウ制覇

新生エリアの、錬金術リーヴを制覇したぞおおお。
裁縫と同じく、ウルダハで受けられるリーヴのだいたいはクリアしていたので、あとは周辺のリーヴのみですみました。
錬金術はだいたい製作も半分はやっていたりして、過去の私、頑張ってたんだなあw

終わってみれば、80種類制覇のアチーブがでました。
イシュガルドの錬金術リーヴは金策でもお世話になりました。
報酬に未知素材があったりすると、リーヴ納品でお小遣い稼いで、リーヴ報酬で金策して、で。
ドラヴァニアミスルトゥとか、ひとつ900ギルで売れてたのも良い思い出。

次は残った調理をーと思いましたが、あれ、もう紅蓮まで2週間!?
紅蓮でリーヴはクラフターあげに使用したいのでここからは使わずため込みかなあ。
困った。
暇つぶしが消えたぞ!w

2017年6月 1日 (木)

ごーるどそーさーいべんと

今年のゴールドソーサーイベントが始まりましたねー。

去年はこのおかげでMGP? ためることができて、フェンリルマウントをげっとできたのだった。
それまではマウントはあきらめていて、というか、たまらないなーとかやってたのだけれど、このイベントで頑張ってフェンリルげっとしたんだったかな。
その後はくじテンダーもかかさずに攻略手帳をやるようになって、椅子マウントも実装直後にげっとできたよ。
今も80万はたまっているので、何か実装されても200万とかじゃない限り入手はできる、はずはず。

さて、ゴールドソーサーイベント。
今年は紅蓮で忙しいさなか、頑張って作ってくれたのかイベント自体がクエのみというか、導入のみというか、手抜きと言われても仕方ないレベルですが、作った人が一番認識しているだろうなあw

ちょっとこれだけ?という評価がありますが、でもまあ、個人的には忙しいさなかムービーがあったのだけでも、頑張ったなと思いまするw
さて、この機会にぽいんとためきろうっと。

« 2017年5月 | トップページ