« 土日がっちりやってました | トップページ | 61コンテンツまで後半 »

2017年6月19日 (月)

61コンテンツまで前半

紅蓮の冒険を、新コンテンツごとに振り返ってみようの巻き。
言うまでもありませんがネタバレです。





インして最初にしたことは、記事にもしたように納品できるようになったダンスカー装備をグラカン納品して、鞄をすっきりさせること。
空島で持てるだけ持っていた、アダマンカベイジの蒐集品も納品してすっきり。
取得経験値は激減したけれど、報告する手前まで終えていたモグモグデイリーも終わらせて、メインクエをじっくりやりました。

最初に移動できるエリア、カストルム・オリエンスは普通にふむふむ、なるほど。
メインクエ進行のキャラにユーザーが殺到して、NPCの表示がぎりぎりになるのは今だけのお祭りならでは。
優遇鯖じゃないけれど、過疎だった鯖にどこから人がわいてきたんだっ。

次の拠点、ラールガーズリーチを目指してエリアして。
おおお、ここがあの。
トレーラーでさんざん見てきた場所!

見下ろす風景じゃないから感動がいまいちだけれど、自分で動き回ってみて確かにこの場所はムービーで見た場所。

ここからシナリオに分岐があるのは、蒼天と同じだなあと思いながらギラバニア山岳地帯まできたところで不意に開けた視界に、意味もなくふわあああとなりました。

意味もなく、感動。

埋まったMAP。歩くたびに見えるようになる、未知のエリア。
昼間の光を受けて見通せる、初めてのエリア。


冒険だああああ。

途中、フレに遭遇したのもなんだか楽しい。お辞儀し合ってメインクエを目指す。マウントでてくてく歩く。
飛べない不便さも、どこへ続くかも判らない道も。
このわくわく感はいつ体験してもいいね。


そいでメッフリッドルートのシナリオは、王道だけれど王道だからこそ、ちょこっと泣けてきたり。
というか、ここで泣いてるの私くらいのようだ・・・w
フレはお使いだーと言ってたw

一人で涙をぬぐいつつ、例のお祭り騒ぎに遭遇しました。
もはや、紅蓮を語る伝説になりつつある「新型魔導兵器を撃破せよ」。
いわゆる極ラウバーン戦ですねっ。
ラウバーンのふとももを見続けるというやつw

どう挑戦しても無駄なので諦めました。
どおりで、fate巡りしている人が多いはずだ。
さぶじょぶでサブクエをこなしつつ、いつCFやインスタンスバトルが回復するのかなあと探検してました。


これは本来不具合報告すべきなのでしょうけれど、ギラバニア山岳のほうかな?
通りかかったついでにfateがあったので参加してみました。

「続辺境パトロール」
いわゆる護衛系のfateで何かおかしいと気づいたときは、fateの残り時間が7分なんぼでした。
雑魚が、倒しても倒しても倒しても倒しても沸いてくる。
倒しても倒しても倒しても倒しても、NPCが先に進まない。

fate残り時間が3分になった頃、やはりおかしいと判断する。
「これ、何かおかしくない?」
「おかしいですよね・・・」
say会話するものの、どうしようもないので、倒す倒す倒す倒す。

「これ、失敗するんじゃないかな」
「そんな気がしますね・・・」

はい、fate時間切れで失敗扱いになりましたよ!
よしだああああああ。


長くなったので後半へ続く。

« 土日がっちりやってました | トップページ | 61コンテンツまで後半 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518597/65432431

この記事へのトラックバック一覧です: 61コンテンツまで前半:

« 土日がっちりやってました | トップページ | 61コンテンツまで後半 »