« 61コンテンツまで前半 | トップページ | 61コンテンツまで追記 »

2017年6月20日 (火)

61コンテンツまで後半

61で解放されるコンテンツまでの冒険の記録。
尚、一度書いた記事が消えてしまったので、これは二度目。





日曜の午前中にインして極らうばーん太もも戦の続き。
まだまだ人だかりが出来ていたので全く解消出来ていないのかなあとフレにぼやいてみたら、連打したら行けたとのこと。
よし、じゃあ連打だーーっ。

ちょうど、混雑が解消というか開発が何とかしてくれたあたりに突入できたのかな?
また戻されるだろうとよそ見しながらコントローラーを押していたらいきなり場面が始まっててびっくりでした。
また混雑でいつ連打になるか判らないし、ここは決して負けられない戦い・・・!

失敗したら突入からやり直しよね?
それだけはどうしても避けたいってことでいやに力が入りました。
勝てて良かった。

エリアに復帰してみれば、ラウバーンのいたあたりは突入時より人が減っておりましたし、その後通りかかった時は更に減っていたので、なんとか解消されたのかな?
あのまま混雑のまま夜になったらフレとかどうなるんだろうと思ってました。


その後のピピン戦は時間もあってか一発で突入。
まさかのメッフリッドは本気で泣きました・・・。
ここでこのキャラのために泣いてるなんて私くらいかもしれない。が、旅をしていくうちになじんできたばかりだっただけに、こう・・・。
アラミゴを取り戻したあとの平和な世界にいてくれるキャラだと思っていたのに、まさか唐突に亡くなるとは思わなかったです。

結構蒼天よりシナリオ攻めてるなと。

ところで例のゼノス戦。
アルフィノとクルルがヒールしたあと、「あなたも一流の癒やし手でしょ、手伝って」みたいなことを言われるのですが、はたと気づいた。
これがロールによる展開の違いかっ。

いやでも、でもですね?
こちらは、ゼノスで圧倒的な戦力差に愕然としたあとで、メッフリッドがやられて、コンラッドさんも目の前で斬られて、ヤ・シュトラが意識不明で。
そんなときに、自ら動けるのはずのないムービーで「手伝え」って命令口調で言われるのはさすがにちょっと・・・。
やれるならとっくにやってるわ!

英雄なら、自分からヒールして「手伝ってくれてありがとう」とか言わせる展開のほうがまだ合ってる、気がする、なあ。


その後は、リムサの海賊が出てきて、蒼天とつながってるなっと。

事前情報なしでメインクエをすすめていたので、唐突なダンジョン解放はびっくり。
良い意味で。
ここでこうくるかっ。

そして、このダンジョンは須藤開発が作ったと聞いていたので、どんな難易度だろうとびくびくしておりましたが、さすが新スキルの練習用の開発されたダンジョン。
見て判るギミック、こつがわかれば避けられるものばかりでパズルみたいなこれは好みかもー。
あ、でも、避けばかりで黒ちゃんが大変なのかなと思わないでもなかったりw

14にはすでにセイレーンがいるので、このダンジョンのセイレーンは東風のセイレーンかなっと。
顔なしのいめーじっ。

« 61コンテンツまで前半 | トップページ | 61コンテンツまで追記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518597/65433694

この記事へのトラックバック一覧です: 61コンテンツまで後半:

« 61コンテンツまで前半 | トップページ | 61コンテンツまで追記 »