« 63コンテンツの話 | トップページ | 65コンテンツの話 »

2017年6月24日 (土)

65コンテンツまで

レベル65コンテンツまでにまつわる冒険の記録。






スサノオ戦をくりあしたら次はイサリ村解放の話。
村ではまだゴウゼツが殴られていましたが、まさかオノコロ島やらコウジン族とあれこれやっていた間ずっと続いていたのか。よく耐え抜いたというか、ヨツユ様がまだいたことにもびっくり。この手のNPCってすぐ退場するからw

次の舞台はヤンサ。
おお、ここはアウラ族の草原に近いところっ。
ナマイ村がメインの話で、連れて行かれた村人を救うシナリオがありますが、連れ去られたあと、風脈探しに走ってる間帝国領地に入りましてね。今回の風脈は、メインクエで訪ねるエリアに沿ってあるからこういうこともあるわけですが、そこで話しかけられないもののちゃんと連れて行かれた村人が配置されていることに感心しました。イッキにいちゃんのオレンジの服って目立つものなあw

ここも、どうしても行けないエリアがあって風脈解放は後半かと思っていたら、早々に飛べるようになってありがたかったです。

25年は、帝国の支配が続くには長いよね。
連れ去られた村人を救ってもどうしようもないと言われて、そうだよねと。普通のストーリーならここで流れが変わるところを、助けてもまだ変わらない。今回シナリオがすごく丁寧だなあとしみじみ。



どこだっけ。
風脈解放前、ヤンサの高台から川や帝国領地を見渡せるところがあって、ちょっと一休みしてました。
眼下を見渡すって、ありそうでない景色。不意にこういう景色があるから、物語が暗くても気分転換ができる。
それにしてもこのあたりは、中国の桃源郷から見下ろす下界みたいな景色ね。



アジムステップは、見渡す限りの草原!
そこでヒエンに出会うわけですが、過去のFFの内容は知らないか覚えてないかのどちらかなのですが、それにしてもこのキャラ、ちょっとかっこよすぎじゃないですか・・・w
話すたびに、某十二国記の某王様を思い出す。
ドマを解放するために草原のアウラ族を味方につけるという展開は目から鱗でした。そうだよね、そのほうがいいよね。


そしてこのエリアはアウラがいっぱい。それぞれ固有のアウラ族がいて、私もアウラなんだけどおおと思いつつメインクエを進めていったら思いがけず声をかけてもらえました。

次のバルダム覇道解放直前ですね。
「アウラゼラのそなたにとっては、念願の儀か? 無論、わしも意気込みでは負けん。見事超えて、草原にわしらの武名を刻むとしよう」

ちゃんと専用の台詞が用意されていた!
アウラレンだと別なのかな?さすがだ、スクエア。

« 63コンテンツの話 | トップページ | 65コンテンツの話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518597/65452708

この記事へのトラックバック一覧です: 65コンテンツまで:

« 63コンテンツの話 | トップページ | 65コンテンツの話 »