« 61コンテンツまで後半 | トップページ | 63コンテンツまで »

2017年6月21日 (水)

61コンテンツまで追記

61コンテンツクリアまでにまつわるあれこれの感想。






そういえば。
遅れてラーズガールリーチのメインクエをクリアしたフレに、「メッフリッドなんて覚えて居たか?」って聞かれました。

「うん」
「まじかよ。どこで出てきたかすら判らなかった」
「正確には、サブキャラでクォーリーミルクエ周辺を追体験したから覚えていたというか」
「それ、覚えていると言わないぞw 取り消しな」
「えーーw」


現在ノーマルガルーダを倒したばっかりのサブキャラがいます。
理由があってレベル上げをしていたのですが、このキャラがちょうどクォーリーミル周辺のメインクエをこなし、その後リトルアラミゴに舞台がうつったころ、メインキャラでは鉄仮面登場の前後を体験していました。
まるで巡り合わせのようなタイミングばっちりのシナリオリンク。
サブキャラで話を聞いたNPCがメインキャラのメインクエで出てきてくれたおかげで、このあたりのクエが記憶に残っていたのもあり、ラーズガーチリーチでメッフリッドが出てきたときすぐ判ったのでした。

ちなみに、その後サブキャラはクルザスをさまようことになるのでオルシュファンの墓参りをしている人が誰か、もちゃんと認識しています。
世界設定好きな人以外は忘れている人も多そうですね、というか、忘れていて当然というべきか。


特にメッフリッドは、新生のメインクエだから約5年ぶりの再登場?
概要を記すと、部下が怪我をして死にかけてるけど自分たちがアラミゴ人のせいか、誰も助けてくれない、頼む薬を取ってきてくれ。みたいなクエスト。
薬の元となる素材をげっとして、調剤してもらって?なのかな?入手した後戻ると、ありがとうと言われる。
その後話の流れ的にお使いがあるのかなあ。怪我をしていたはずの部下が、仲間に迷惑をかけられないといって出て行った、探してくれと言われて、見つけてあげるんだけど、そこはまあ、お決まりの「俺たちは仲間だろう!」という話で終わっていた気がする。

このあたりのやりとりを記憶して紅蓮に挑んでいると、メッフリッド死亡は泣けるんですよ・・・。
この人がどういう人だったか、今回のシナリオのためにぽっと出てきたキャラじゃない、だからこそ。
一緒に活躍する話をもっと見たかった。

« 61コンテンツまで後半 | トップページ | 63コンテンツまで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518597/65440178

この記事へのトラックバック一覧です: 61コンテンツまで追記:

« 61コンテンツまで後半 | トップページ | 63コンテンツまで »