« 70でいく極ラーヴァナ | トップページ | 今週のクロちゃん »

2017年8月27日 (日)

紅蓮学クエ召喚クエ

紅蓮の70学者クエをやってきましたー。
68のクエをどこでやったのか忘れていたので、ブロンズレイクに飛んであれれと首をかしげた私。そうそう、トランキルにいるのでした。

前回は、ハード古城アムダに突入で新鮮な体験をさせてもらいましたが、今度はハードアムダ市街ですよっ。出てくる敵もまんまじゃんっ。
敵の強さは調整されているとはいえ、60のダンジョンにソロ突入しているようなものですねっ。宝箱の配置も覚えていたので、思わず寄り道してしまう私。当然宝箱はなかった。ちっ。

アイテムレベル327の学者だったので、苦労することなく余裕で。
ラスボスもまんま採用で楽しかったです。


クエストは良い話だったなーー。
トランキルのランドゥネルさんが関わってきてなおかつ個性がしみじみ伝わってくるし、NPCがさりげに優しい。
新生蒼天の学クエはまんまトンベリ話でしたが、それを引き継ぎつつ未来の見える展開でなんかいいなあと思いました。学クエも好きだわ。



学クエを終わらせたあとは、召喚!
エキルレで多少の装備が揃ってきていたため、アイテムレベルが296にまでなりました。
報酬でもらえるAF3のアイテムレベルを超えたので、これなら私の召喚でも勝てるかもっ。


召喚は何故かアジスラーまで行くのねん。
内容的にアジスラーは良いとして、紅蓮クエなのに紅蓮に行かないw深く関わってくるのが蒼天エリアとかいうw
懐かしのアジスラーに行くのも良かった。思わず三闘神像をしげしげと眺めておりました。
これが女神ソフィアや鬼神ズルワーンになるのか。

久々過ぎたので多少迷いながらもいざ突入。
戦闘は、、、。そういえば70になるまではアイテムレベル270装備で手抜きして、さすがに68クエはアイテムレベルをあげないと無理かなと多少集まっていたダンジョン装備で何とかしたけれど、意外に68クエは戦闘がなくてほっと安心していた経緯があったのでした。
つまり。
何が言いたいのかというと。


召喚で戦闘は久々過ぎてホットバーガン見!
トランス・バハムートってなにだっけ。なんかデスフレアが使えない。うーん、トライディザスターって何だっけ。
そんなんでもぎりぎり勝利できちゃうのがアイテムレベルの暴力ですね。
あげておいて良かった。


クエの内容も面白かったし、過去のアラグの話が見えるのは良いことだ。
切ない話でもありましたね。
プリンクはミニオンにして欲しいというか、召喚クエやった人だけのミニオンでも良かったじゃんーと思いつつ。
白のユニコーンみたいなっw

紅蓮召喚クエは凝ってるなあ。
さて、次は侍と暗黒上げだし、黒のレベル上げの可能性もあるけど、召喚を出すことはないわけで、アイテムレベル300装備はいったん納品しよう。

« 70でいく極ラーヴァナ | トップページ | 今週のクロちゃん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518597/65715843

この記事へのトラックバック一覧です: 紅蓮学クエ召喚クエ:

« 70でいく極ラーヴァナ | トップページ | 今週のクロちゃん »