2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ

« コンストラクト07 | トップページ | その名はテンペスト »

2020年2月 4日 (火)

さぶちゃんの蛮族デイリー

さぶちゃんでちまちま蒼天時代の蛮族デイリーをこなしておりますが、つくづくこれ、「お使い」だよねとしんみり。
クエストを受けてから報酬を受け取るまでの時間を計算しているような作り。漆黒のピクシーをこなしてきたあとに蒼天蛮族をやると、本当にため息が出ます。
実装当時メインキャラでこなしていたときには感じなかったこと。当時は疑問を思わずにこなしていたことが、実はこんなに「お使い」の連続だったことが判り、今更ながらにがっくりきちゃいます。
当時出来たことが、今はもう、出来なくなっているんだなあ。


いやでも。
グナース族の塚でクエストを受け、遠方まで飛んで用事をこなして、報告するために戻って、そこで終わらずにまた更に別の遠方にクエストをこなしてきて、ここでようやくクエストを終わらせるためにまたグナースの塚に戻ってくる。
2往復させられるわけだから、これはさすがにもっとうまくやれと言われても仕方ないと言うべきか。


確かこの辺りのことはさすがに、紅蓮の蛮族ではなくなったように思うから、過去の時代の試作みたいなものだろうか。
そいでもって、蛮族を全てこなしたご褒美のまとめクエは新生、蒼天、紅蓮と続いているわけで、全部見るためにはとか考えちゃうとやはりこれは。
漆黒になって新しくなるのは良いことだ。
・・・なるんだろおか。笑。


グナースクエは、当時吉田Pもこのクエストは好きです、とかPLLで発言していたように思う、ものすごく自然な作りで頑張っていくウデキキの物語よね。
バヌバヌは某牧場物語とかみたいに、クエストをこなしていけば村を成長させるこれこれが導入できるようになるよ、みたいな。ゲームの中で成長ゲームをやっている感覚です。
モグモグは。。。うん、頑張って働いてもらおう。
さすがに前提クエストが長すぎて、おいおいまだあるんかいとつっこみつつ、こなしておりました。



さて。
バヌバヌの蛮族デイリーはかのアバラシア雲海をめいいっぱい使用します。
クエストの場所に高低差が判るようになったのは漆黒からですか。加えて14特有の、クエ範囲の場所指定のあれもあれであれとなって、クエストの場所はどこだよおおおおおと空中転回させられることもしばしば。
見つけられなくて実装当時もネットで検索したこともあった気がする。
そして今回も同様にネット検索しましたが。
さすがにもう、クエストのヒント範囲は普通に中心にあってもいいんじゃないかなあという気がしてきました。

クエストのヒント範囲がいじわるなのは14の伝統だけれどね。伝統だけれど、蒼天は初の拡張とあってめったエリアも作り込んでいるのだけれど、そこが、あだとなって、飛びながらクエスト範囲を探しているとそれはそれはもう、3D酔いにひっかかりまくるので、えっと、うん、もっと素直にヒントが欲しいと思ったことがしばしば。



今更蒼天蛮族を作り直すのもコストがあれだろうし、無理だろうけれど。
これでも実装当時は楽しんでいたんだよなあと昔を思い出しつつ。
時代というより、もうプレイヤーの情熱というのかなんというのか。
昔ほどクリアしてやるうという気力が欠けてしまったのかなという話でした。

« コンストラクト07 | トップページ | その名はテンペスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンストラクト07 | トップページ | その名はテンペスト »