« まだまだ続くパッチ当日の話 | トップページ | 我が家のリテイナー »

2020年2月20日 (木)

ノーマル共鳴編を終えた!

行ってきました、ノーマルエデン共鳴編。
ダンジョン同様未予習初見オンリーのPTです。ですが、頭の良い人というのはいるもので、その人にずいぶん助けられました。うちらがすっかり忘れていた極ラムウのギミックを覚えていたし、他に割とギミックを観察していたりして、すごいなあ。


というわけで一層。
PLLでも放映されていたラムウですねっ。ラムウとランジートとイクシオンとズルワーンの合体。イクシオンなんてヒカセンとしてはここ数ヶ月忘れていた存在ですよ?どこからどう想像したのだろう。
まああれだ。ヒカセンはいろんな蛮神との戦闘を経験してきたからね。久々にやる極ラムウとの戦闘なんて忘れてしまっているだけですよ、うんたぶん。いっつもクロちゃん制限解除ですしねっ。


最初の一層から容赦なくて笑いました。
ノーマルというレベルじゃないいいい。
何か開幕すぐに、避雷針で半壊どころか6名死んだので全滅仕切りなおし。くだんのガンブレさんが避雷針の高さが違っていたという発言と、他の方のエフェクトが見えたという発言により、二度目はくらわなかったのですが。
次は例の玉が出たとき、ヒカセンとしての習性でしょうか。何かあやしいものがでたら、とりあえず離れるよね。避けるよね。
うん、普通にそれで全滅しました。笑。
そうそう、極ラムウの玉は取った数でバフがついたねっ。
極ラムウが3つまでバフが重なるというガンブレさんの発言により、めでたくここのギミックも回避。その後も一回くらいは全滅したような気がしますが、ノーマルの難易度じゃないと泣いていたはずが、終わってみれば、ギミックを理解してみればなんてことのないノーマルの難易度でした。
ギミックマジック。



だがしかし、一番きついと思ったのはやはり、一層と二層かな?
二層は一層より全滅回数が少なかったはずですが、DPSに召喚がいたことで蘇生持ちが3名おり、それに助けられましたね。無理矢理ごり押しして、クリア時に立ってた人は2人しかいなかったように思います。一番苦戦したといいますか、ほぼゾンビ戦法でいざとなったらひらLB3で無理矢理やり。
正直よく勝てたなあという感じで、戦闘がどうだったかもはや記憶が定かじゃなかったりする。
次ぎに行くときは復習必須コンテンツ。これ、ノーマルで普通の人達、普通にクリア出来たのだろうか・・・。


三層は。。。虫??北海道人から見てると、雪虫のイメージ。ボスの名前のアイドル由来が知りたい。とっても知りたい。
覚醒二層のステージですねい。背景ががらっと明るくなったので、ステージとしては好き。光の反乱天候(たぶん?)だけれど。
噂で耳にした、脳トレエリア。解説してくれた人のおかげでギミックの意味は理解したけれど理解しただけともいう。よくもまあ死にまくったなあ。



ラスト、四層。
四層だけど、全滅回数一回のみ。
一番最初の印象は、PTメンバーの言葉を引用すれば、
「リーンちゃん美人だ」
「とげとげしてない」
「髪がつんつんしてない」などでした。笑。


あれですね。
イゼルの憑依の儀式、あれをやっちゃうのですね?
いちまんえんフィギュアの、あのエモートをリーンちゃんも使っちゃうわけですね?
実はこっそりリーンちゃん、シヴァのフィギュア、持っていたりするんじゃない???

なんだかんだでここも、ひらLBを利用しつつ最後まで押し切ったかな。思いがけぬリーンちゃんとの戦闘ですが、ドレスアップでグラが変わることに気づいてついついうっかり見つめておりましたが、これ、ドレスアップをのぞいているひとほど石化するのね?
やられたというか、ドレスに見とれていてその頭のギミックマークなんて気づいてすらいませんでした。終わってから攻略情報を見回って気づいたという。


青いエリアだけど、寒々しくないし、むしろ綺麗。
リーンちゃんのドレス、ひかせんにもください。ください。

« まだまだ続くパッチ当日の話 | トップページ | 我が家のリテイナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ続くパッチ当日の話 | トップページ | 我が家のリテイナー »