« 極朱雀 | トップページ | さぶちゃんのレジスタンスウエポン »

2021年9月29日 (水)

フロントラインは楽しい

とある日のオンサルは、敵方に固定が集まっているのかというくらいバーストが強くて一瞬でやられました。
こちらもそれなりの場数は踏んでいるはずなのですが、それでも浄化が間に合わないくらい、本気で一瞬でやられる。毎回バーストで5-6人以上やられる。
点差もつけられて、これはもう負けを覚悟したわけで、いや大逆転が起こる余裕もなく圧倒的火力差で負けてしまったのだけれど、次の試合もどういうわけか同様に相手が強くてですね。
なんというか、2試合続けて相手にバーストでやられ続けて、リスも取れなくて、何故に相手にばかり固定が集まるかな。
もはや泣きながら試合を消化するしかない。
途中で頑張ってリスを取って追いつきそうになっても、やはり対人。対戦となるとどうしても分が悪い。
最後はお決まりのように負けました。


続いて3戦目。
流石に連続で圧倒的火力差がくることはなくてほっとしたものの。
中央でフィーストフィーストフィースト。
これはいつもの流れ。
何とか中央勝利して、外周のリスを取ったり取られたり。
気がついたら自国が1,400点、二国が500点。
うん? あれ?
別に高揚はいつも通りだし、たまたま今回は軍師がいてくれてバースト指示してくれてるだけだし、固定が集まっているとかそういう風には見えないのだけれどあれ?
最後のリス取りは挟撃されることもなくスムーズに取れてしまって、そのまま試合終了。
自国が1,600点、他二国が900点。


なに、この点差は。



先程まで泣かされた強敵に、最後は自分たちがなっていたようで。
普通にいつもどおりに頑張っただけなんだけれどもっ。
フロントラインはメンバー次第とはいえ、ほんと、何がどうなって勝ったのか判らない試合もたまにはありますねっ。

« 極朱雀 | トップページ | さぶちゃんのレジスタンスウエポン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 極朱雀 | トップページ | さぶちゃんのレジスタンスウエポン »